• より美しくなりたい方に。小顔・美ボディJUJUBE(ジュジュビ)
  • 期間限定クーポン。HPをご覧頂きご予約するとお得な割引実施中!
  • 営業時間【平日】13:00~20:00【土日】13:00~18:00【定休日】日曜日、祝日
  • 『ご予約の方優先となります。』0120-495-545/一般のお問合せ:03-3736-1544
  • 担当者が「はい、なつめ鍼灸治療院です」と電話に出ますので、「予約を取りたいのですが」とおしゃって下さい。【ご予約の際にお伝え下さい】鍼灸治療、びわの葉温灸療法、 頭痛ゾーン療法などご希望の コース・お名前・ご希望の日時

施術方法

『患者さまと相談しながら進める根本治療』

なつめ鍼灸治療院では、鍼・お灸の治療はもちろんの事、患者様の症状に合った施術を行なっております。各部と症状の度合い、今後の方向性などにより適切な治療法を患者様と相談しながら根本治療を行ないます。

  • 鍼治療
  • 灸治療
  • 頭痛ゾーン療法
  • ビワの葉温灸治療法
  • 光線療法

鍼治療(※使い捨て鍼ですので衛生的です。)

血流を改善し、筋の緊張を緩めます。

からだの皮膚表面に鍼で刺激を与えることで、その部分の血流を改善し、筋の緊張を緩めます。同時に、エンドルフィンなどの脳内物質の分泌を促進させることで、患部の鎮痛効果も期待できるとされています。また、自律神経や免疫機能にも働きかけ、身体全体のバランスを調整する効果も期待できます。
当院で使用する鍼は、ディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を患者様ごとに使用しておりますので、鍼を介しての感染事故が起こることはありません。

鍼治療

灸治療※お灸の種類は、大きく分けて「直接灸」と「関接灸」の2種類があります。

血流の改善を促す働きがあります。

灸治療は、モグサ(艾)をもちいて、からだの皮膚表面に温熱刺激を与え、血流の改善を促す働きがあります。
また、白血球を増加させる作用もあり、免疫力や自然治癒力を高めてくれます。灸治療に使うモグサは、植物のヨモギの葉から作られています。
灸治療では、患者様の症状やご希望にあわせて温度を調整しています。
なお、治療の後、まれに水泡が出来ることがありますが、掻いたり潰さずにいれば数日で回復します。

灸治療

鍼・灸 適応疾患

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものをあげています。

神経系
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系
関節炎・関節リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等
循環器系
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系
気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等
代謝内分秘系
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
生殖、泌尿器系
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊等
耳鼻咽喉科系
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎等
眼科系
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等

頭痛ゾーン療法

筋肉の緊張を解きほぐし効果的に頭痛の改善を致します。

頭痛の痛みを発生する場所を4つのゾーンに分類して、頭痛を起こしている筋肉を特定し、その筋肉に対して施術をおこない筋肉の緊張を解きほぐし効果的に頭痛の改善を致します。
「頭痛治療」は、器具や薬を使わずに手による刺激で頭痛を誘発している筋肉をほぐし、自然治癒力を促しながら根本から改善して、完治に導いていく、とても画期的かつ安全な治療法です。

こんな症状の方ヘオススメ

・偏頭痛 ・緊張型頭痛 ・群発頭痛 ・上記の混合型頭痛
・肩こりや首のこりからくる頭痛

料金についてはこちら

頭痛ゾーン療法

ビワの葉温灸療法

自然のめぐみを取り入れた自然療法です。

ビワの葉療法は、お釈迦様の時代からあったもので、インドの古い教典によればビワの樹は「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」、ビワの葉は「無憂扇(むゆうせん)」と呼んで「生けるものすべての病を癒す」と説かれています。
ビワの葉温灸療法は、ビワの葉と温灸と指圧を組み合わせた療法で、湿り気をもたせたビワの生葉の表面を皮膚にあて、上に布と紙を重ねて、その上から火のついた棒もぐさを指圧の要領で押し当てます。ビワの葉の上に重ねる布と紙は、温灸の熱さを和らげながら、ビワの葉の薬効成分を効率よく身体の深部にまで浸透させるためのものです。
棒もぐさは、経絡・経穴(ツボ)や圧痛点への刺激ともぐさから醸し出される香りによって、身体全体にリラックス効果と心地よい熱さを感じさせます。
このとき、ビワの葉の薬効成分であるアミグダリンなどが皮膚から体内に浸透します。
このようにビワの葉温灸療法は、ビワの葉の薬効成分による効果と、棒もぐさによる温灸と香りの効果、そして指圧の効果を組み合わせた療法で、自然のめぐみを取り入れた自然療法です。

こんな症状の方ヘオススメ

・神経痛 ・婦人科系疾患 ・関節炎(関節リウマチ) ・高血圧症 ・糖尿病 ・肝臓疾患
・腰痛 ・肩こり ・五十肩 ・ぜんそく ・痛風・水虫 ・自律神経失調症 ・不眠症
・かぜ(感冒) ・気管支炎 ・胃腸病 ・膵臓炎 ・腎炎 ・膀胱炎 ・冷え症 ・便秘
・更年期障害 ・貧血 ・痔・慢性的な便秘 ・下痢 ・夜尿症 ・子供の虚弱体質など

料金についてはこちら

ビワの葉温灸療法

光線療法

症状や病態の回復・改善・軽減および健康維持をはかる療法です。

光線療法とは、太陽光線の持つ波長の内、主成分である可視光線の他に、赤外線およびわずかな紫外線を含むフルスペクタル連続光線を人体に照射することで、様々な症状や病態の回復・改善・軽減および健康維持をはかる療法です。
光線療法に用いる光線は、私たち人間に必要不可欠な太陽光に最も近い連続光線です。
また、太陽光に含まれ人体に有害とされる短波長の紫外線は含まれておりませんので安心です。
光線療法は80年におよぶ歴史があり、肩こり、腰痛、膝痛といった一般的疾患からガンなどの難病に至るまで、多くの疾患に効果を発揮しています(日光過敏症は除きます)。
しかも、厚生省(現厚生労働省)立会いのもと、副作用が全くないことが証明されております。

こんな症状の方ヘオススメ

・腰痛 ・肩こり ・坐骨神経痛 ・頭痛 ・アトピー性皮膚炎 ・更年期障害
・冷え性 ・婦人科系疾患 ・不眠症 ・自律神経失調症 ・うつ病 ・関節リウマチ
・眼精疲労 ・身体の健康維持 ・病気予後 ・病気の予防など

※光線治療の禁忌症

全身性エリテマトーデス、色素性乾皮症、ポルフィン症、または医師から「日光に浴びてはならない」と言われている方は光線療法は受けられません。

料金についてはこちら

光線療法

『お問合せ』・『ご予約』

フリーダイヤル0120-495-545 『ご予約の方優先となります。』

お問い合わせフォーム(24時間受付)

こんな症状の方